Sample Image

イソフラボンと更年期障害

女性に生まれたからには、誰もがいつかは経験することになるのが更年期障害ですね。
多少の個人差はありますが、40代後半〜50代にかけて閉経を迎えることになります。

女性に人気の美容成分イソフラボンのサイトにも詳しい説明が記載されていますが、
生理がある間は、卵巣の働きも正常です。
女性が女性らしいカラダのラインやカラダの機能を保っていられるのは、
卵巣から分泌されている女性ホルモンのおかげです。

人は誰でも年をとりますので、年齢とともにカラダのなかの様々な機能も低下していきます。
といってもある日突然機能が停止するというわけではありません。
例えば30代になると、20代とは違う肌や体調の変化を感じるようになりますね。
40代、50代と年齢を重ねるほど様々な変化を実感するようになります。

女性の場合でいえば、肌の衰えや髪質の変化などがわかりやすいでしょう。
これは肌の弾力や潤いをキープする成分の、体内で生成できる量が減ってしまうためです。
同じように生理があっても、卵巣も老化していくので、
少しずつ女性ホルモンの分泌量は減って行くことになります。

閉経を迎えることで卵巣の機能も今までよりもペースダウンするので、
女性ホルモンの分泌量は激減してしまいます。

カラダの中でホルモンバランスが変わることで、様々な症状があらわれます。
例えば極度のストレスを感じた時、血行不良や体調不良など体に変化が現れますね。
これもホルモンバランスが大きく影響しています。

女性ホルモンが足りなくなると、ホルモンバランスが崩れてしまうので、
イライラしたり、理由もなく涙が出てくるというように、
精神的にも不安定な状態になってしまうことがあります。
これが俗に言われている、更年期障害というものです。

しかし更年期障害の症状にも個人差がありますので、あまり影響のない人もいれば、
鬱病になってしまうほど重症な人まで様々です。
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと良く似た働きがあることでも有名ですね。

大豆食品を多く食べるのも効果的ですし、サプリメントなどで補うことで、
女性ホルモンの量をコントロールすることができます。
足りない分を補うことで、更年期障害の症状も緩和することができるのです。
こちらのイソフラボンの成分や効果効能について説明されたサイトやイソフラボンの魅力がたっぷり語られているサイトはかなり詳しく説明されているようです。
▼イソフラボンについてもっと詳しく知りたい方はこちら
Copyright(c) 2011 isofura All Rights Reserved.