Sample Image

イソフラボンと動脈硬化

イソフラボンと動脈硬化も大きな関係があります。
イソフラボンというのは大豆に含まれている成分ですが、
女性ホルモンのエストロゲンと、とてもよく似た性質を持つ成分であることが分かっています。

女性ホルモンは通常は卵巣から分泌されていますが、
50歳前後で迎える閉経によって卵巣の機能も徐々に低下していきますので、
当然のようにエストロゲンの分泌量も低下していきます。
女性ホルモンの不足で、更年期障害や骨粗鬆症といった症状が出やすくなりますので、
ある程度の年齢に差し掛かったら、いつもより意識して大豆製品を食べるようにするといいでしょう。
中高年の方にイソフラボンと解説しているサイトもぜひ、ご覧ください。

こうすることで自然と、エストロゲンによく似たイソフラボンを摂取することができます。
大豆以外の食品や食材にも含まれていますが、食べやすさという点でいうと大豆由来の製品が一番便利です。

味噌、醤油、豆腐、豆乳、納豆などどれも、日本人にとっては馴染み深い食品ばかりですね。
今までに食べたこともないようなものを、突然取り入れろと言われても無理がありますが、
これなら無理なく取り入れることができます。

イソフラボンにはエストロゲンと良く似た性質の他に、善玉菌を増やすという効果も期待できます。
善玉菌が多いほど健康に過ごせますし、カラダの中に毒素や老廃物も溜まりにくくなります。
毒素や老廃物が多い場合は、カラダにも負担をかけますし、
血がドロドロになってしまい動脈硬化を引き起こす原因になることもあります。

大豆製品のように簡単に食事に取り入れることができれば、無理をせず自然と動脈硬化の予防も可能になります。
大豆製品ならカロリーも低くヘルシーなので、コレステロールの心配も必要ありませんね。

年齢とともにコレステロールも気になりますが、
イソフラボンにはコレステロールが酸化するのを予防する効果も期待できます。
目的別のイソフラボン効果についての記事も参考にご覧ください。

こうして見てみると、健康維持にはとても重要な成分ということがわかります。
誰にでも親しみやすい食材ばかりなので、無理なく美味しく食べて健康維持を意識してみましょう。
イソフラボンの過剰摂取と副作用についての記事も参考にご覧ください。
Copyright(c) 2011 isofura All Rights Reserved.