Sample Image

イソフラボンとガン

イソフラボンとガン、と聞いてもあまりピンときませんが、実は大きな関係があるのです。
イソフラボンは大豆に多く含まれている成分ですが、
女性ホルモンのエストロゲンととてもよく似ていることが確認されています。

大豆は日本人にとっては馴染み深い食材ですし、加工したものも毎日のように食べています。
豆腐、醤油、納豆、味噌は全て大豆を原料にしていますし、意識しなくても毎日何らかの形で摂取しています。
豆乳にもイソフラボンが豊富ですし、牛乳のようにお腹がゴロゴロしないので
豆乳を好んで飲む女性も増えています。

和食には大豆が多く使われているので、肉がメインの欧米スタイルの食事を中心にしている人よりも、
大豆食品を多く含む和食中心の人のほうが、ガンになる確率も低いことが確認されています。
これは大豆のイソフラボンに、ガンの発生を抑える効果があるからだと考えられています。

ガンというと命に関わる重大な病気ですが、早期発見ができれば早期治療も可能になります。
そのためにも定期的なガン検診は重要ですね。
もしもガンが発見されたとしても、早期治療ができれば完治することも不可能ではなくなって来ています。
ガン治療を終えた人でも、その後の再発という可能性は否定できません。

そこで役に立つのも大豆に含まれるイソフラボンです。
イソフラボンをガンの予後にも積極的に摂取することで、いい状態を保てることも確認されています。
日頃から大豆製品を多く食べている人は、女性に多い乳ガンになる確立も低いと言われています。
女性に限らず男性に多い前立腺がんなどの予防にもつながるので、
ガン予防のためにも日頃から積極的に大豆製品を食べる習慣を付けるといいでしょう。

閉経を迎えた女性は、エストロゲンの分泌量も減ってしまいます。
これによりホルモンバランスが崩れてしまうので、更年期障害という症状が現れるようになります。

また骨粗鬆症にもなりやすいので、エストロゲンによく似た性質を持つ、
大豆イソフラボンは積極的に摂取するようにしたいですね。
こちらのイソフラボンの期待される効能のサイトも、参考になるかと思います。

何事も前もって対策を立てることが大事です。
余談ですが、私は学資保険にも加入しました。
返戻率の高い学資保険もあるので便利です。
Copyright(c) 2011 isofura All Rights Reserved.