Sample Image

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの必要摂取量については、
食事で摂取するかサプリメントで摂取するかによっても注意が必要です。
目安としては1日に40mg〜50mgとなっていますが、
数字で見てもどのくらいの量なのかわかりにくいですね。

これを食事で補おうとした場合には、大豆製品の中でも美容と健康にいいとされている
納豆で例えるなら、1日に1パック(約60g)は必要です。
但しメーカーによっては、内容量が違うので1.5〜2パック必要になることもあります。
これをお豆腐で摂取しようとするなら、
市販されている一般的なお豆腐の半分(約150g)が理想量に相当します。

イソフラボンは女性ホルモンの一種・エストロゲンにとてもよく似た性質を持つ成分なので、
不足しがちなエストロゲンを補う目的でイソフラボンを摂取することもあります。
エストロゲンは元々体内に存在している成分ですが、
イソフラボンはエストロゲンと似ているので他の形で摂取しても体に負担をかけることはありません。

多少過剰摂取しても吸収できない分は排出されますが、
量が多ければいいというものではないので必要量の目安は把握しておきたいですね。
しかし実際は食事で補っても、それを十分に吸収できなければ必要量には満たない場合もあります。
こちらにイソフラボンの一日の摂取量について解説しているサイトもご覧ください。

この場合は吸収率を考えて作られた、サプリメントを利用するのがおすすめです。
サプリメントに含まれるイソフラボンの量も、メーカーによって違いはありますが、
だいたいは1日に必要な量を数粒で補えるのでとても手軽です。

但し食事とサプリメントを併用する場合は、過剰摂取になってしまう可能性が高くなります。
この場合はサプリメントの量を少し減らすなどで、バランスをとることができます。
サプリメントは見た目は薬のようですが、実際には栄養補助食品です。
大豆イソフラボンの過剰摂取には注意してください。

薬のように副作用もないし、決まった時間に決められた数だけ飲まなければイケナイというものではありません。
体調に合わせて自由に量を調節できるのも、サプリメントの魅力です。

食事とサプリメントをうまく組み合わせて、バランスのとれた量を摂取するよう心掛けてみましょう。
イソフラボンのちからは素晴らしいということにお分かりいただけたでしょうか。
これを機にみなさんもイソフラボンで健康生活はじめてみませんか。
Copyright(c) 2011 isofura All Rights Reserved.