Sample Image

イソフラボンと骨

ある程度の年齢になると、嫌でも老化を実感することになります。
老化というのは外見的な肌の衰えや白髪というだけではなく、目には見えないカラダの中でも起きています。

女性に多いといわれる骨粗鬆症もその一つですね。
骨粗鬆症というのはいくつかの原因がありますが、骨の密度が低くなるのでスカスカの状態となってしまいます。

このため強度も弱くなるので、ちょっとぶつけただけでも骨折をしてしまうようになります。
考えられる主な原因は、骨に必要なカルシウムが不足してしまうことです。
だったらカルシウムを含む食品を多く食べたり、サプリメントで足りない分を補えばいいのでは?と考えますね。

この場合女性ホルモンの減少も、原因のひとつと考えられています。
女性ホルモンにも種類がありますが、この場合は卵巣から分泌されるエストロゲンのことを指します。

エストロゲンは骨を丈夫にするカルシウムを、骨に蓄えるサポートをする役目があります。
骨にたっぷりのカルシウムを蓄えることができれば、
自然と骨の密度も高くなるので丈夫な骨にすることができます。

女性の場合はある程度の年齢(50さい前後)で、閉経を迎えますね。
閉経を迎えると女性ホルモンを分泌している、卵巣の機能も低下してしまいます。
骨に必要なエストロゲンの量が減っていくので、
骨を丈夫にするために必要なカルシウムを骨に蓄えていくことが難しくなっていきます。

この状態が続くと骨も次第にモロく弱くなってしまい、骨粗鬆症となってしまうのです 。
しかしこれには個人差があるので、50歳以上の女性が全て骨粗鬆症になるというものではありません。
しかしこうなるリスクは高いので、ある程度の年齢になったら、意識して女性ホルモンを補うことが大切です。

しかしホルモン剤を使用すると、副作用などもあるので気軽に使用できません。
そこで注目されているのが、エストロゲンとよく似た働きをする大豆イソフラボンです 。
大豆に多く含まれているので、大豆食品を食べてもいいのですが、これでは十分な量を補うことができません。
こちらのイソフラボンを多く含む食品についての記事も参考にご覧ください。

こういう時には1日に必要な量を、わずか数粒で補えるサプリメントが便利です。
早めにサプリメントを取り入れることで、骨粗鬆症の予防にもつながります。

こちらのサイトには 商標登録の要件についての詳しい解説がありました。
おすすめですので、ぜひご覧になってみてください。
Copyright(c) 2011 isofura All Rights Reserved.