Sample Image

イソフラボンと骨粗鬆症

イソフラボンというのは、大豆に含まれている成分のことです。
女性ホルモンの一種、エストロゲンとよく似た性質を持つことでも有名ですね。

女性の場合は個人差もありますがだいたい50歳前後で、閉経を迎えます。
閉経を迎えると卵巣から分泌される、エストロゲンの量が激減するので
体内のホルモンバランスも大きく変化します。

この変化が更年期障害や、骨粗鬆症の原因になるのをご存知ですか?
卵巣から分泌されているエストロゲンは、女性らしい丸みを帯びたカラダのラインや、
骨に必要なカルシウムを骨に蓄えるためのサポートなど重要な役割があります。

ところが閉経を迎えることで、卵巣の機能もそれまでとは変わってしまい徐々に低下していくので、
必要なエストロゲンの量を体内で生成することができなくなります。
ここで更年期障害などの症状も出てくることになりますが、
それ以上に骨にも大きな影響を与えていくことになります。

子供の頃から骨を丈夫にするので、カルシウムを沢山取りなさいと言われていると思いますが、
カルシウムを沢山摂取してもそれを骨に蓄えておくことができない以上、
骨はどんどんモロクなっていきます。
更年期の女性の多くが、骨粗鬆症になりやすいのはこのためなんですね。

しかしこのままではちょっとした動作でも、骨折してしまうと思うと何もできなくなりますし、
骨折のリスクが高ければ日常生活にも支障が出てきます。
だったら足りなくなるとわかっている、エストロゲンを他の形で補えばいいのです。

この場合エストロゲンが女性ホルモンの一種ということで、ホルモン剤の投与なども可能ですが、
これは素人考えでは危険なので病院で診察をしてもらい、医師の指示に従う必要があります。
しかしホルモン剤の投与は副作用などの可能性もあるので、誰にでもできるものではありません。
こちらのサイトでも女性ホルモンとイソフラボンについて、解説しています。

大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと非常によく似た性質を持っていることが確認されています。
大豆食品は日本人にも馴染み深い、味噌、醤油、納豆などの発酵食品がありますので、
こういうものを積極的に取り入れるのもいいですね。

しかし食事だけで補おうとすると、毎日大量に食べないといけません。
これでは無理があるので、サプリメントを取り入れるのも良い方法と言えます。
このようにイソフラボンと骨粗鬆症は、大きな関係があるのです。
こちらのサイトに、足りない栄養を補助してくれるイソフラボンサプリメントについてのページがありました。参考になさってみてください。
Copyright(c) 2011 isofura All Rights Reserved.